タカネキのフルコース

高山蝶が大好きを公言していながら、実はちゃんとした作品を残せていなかった蝶がいました。そう、タカネキマダラセセリです。どういうわけか就職してからというもの、いつ行ってもスレばかりでピカピカの個体と巡り合えてなかったんですね。で、いつか撮り直したいなと思って、何年も経ってしまいました。


そんなわけで、今年は何としても落とすぞと久々の上高地にでかけてきました。今年は時期が読みづらかったのですが、岳沢で標高を上げることで期待していた縁毛のそろった絶品個体と出会うことができました。縁毛の黄色い縁取りがとっても美しいです。今まではあまり気にしてませんでしたが、♂の黄斑はかなり個体変異があるようで、地味な個体からゴージャスな個体まで色々撮ることができました。課題だった広角もよい感じに撮れました。また来年も綺麗な個体と出会いたいです。

新鮮なタカネキマダラセセリ♂の開翅 長野県松本市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

こちらはやや地味な個体 長野県松本市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

こちらは黄斑が発達していてゴージャス 長野県松本市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

ハクサンフウロで吸蜜する個体 長野県松本市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

草付きのグンナイフウロで吸蜜 長野県松本市 EOSR6/RF14-35㎜F4LISUSM

雪渓が残る前穂高の岩稜をバックに 長野県松本市 EOSR6/RF14-35㎜F4LISUSM

遠くに上高地を望む 長野県松本市 EOSR6/RF14-35㎜F4LISUSM

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square