北アルプス深山のブルー

シーズンも最終盤となってきました。残すところ、オオゴマ、ゴマ、ムモン、ベニ、クモベニくらいでしょうか。発生の情報を聞いたので、オオゴマを撮りに行ってきました。


天気が曇り予報になっていたので開翅日和かと思って行きましたが、何と致命的なピーカン。昼前に少し雲が出て曇ったのを除いたら、ずっと日が差してしまって悲劇の止まらないパターンです。わずかな曇り時間に少しだけ開翅が撮れましたが、あとはずっと木陰で休む羽目になってしまいました。小雨降るくらいがちょうどよいのですがね。夕方まで粘って雲がやっと出てきたと思ったら、雷雨・・・。今年は雷雨にはまるパターンが多いです。。

新鮮なオオゴマシジミ♂の開翅 岐阜県高山市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

イメージ通りの淡いブルーをふまく表現できた 岐阜県高山市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

クガイソウで吸蜜しながら開翅 岐阜県高山市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

♀の開翅シーン 岐阜県高山市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

産卵する♀も見られました 岐阜県高山市 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

北アルプスの深い渓谷にて EOSR6/RF14-35㎜LISUSM

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square