梅雨空の合間に

木曽のキマルリに行く前に、発生の便りを聞いた他の蝶を撮りに行きました。キマルリが撮れるのは午後ですからね。白馬村ではハヤシミドリが最盛期。カシワを叩くと結構出てきますが、メスが多いです。この日はハヤシではなくウラジロミドリ狙いだったので、叩いて叩いて何とか出始めの綺麗な個体を撮ることができました。それにしてもウラジロミドリのサファイアブルーはハヤシミドリとは違った玄人好みの輝きですね。


白馬村から南下して、今度はキマダラモドキを撮りに行ってみました。機会に恵まれず、その姿を拝むのは学生の頃依頼です。ポイントと思しき雑木林の良さそうな木を選んでトラップ液を吹きかけてあとは待つだけ。待っている間、樹上を見上げるとキマモらしきジャノメチョウがいくつか飛び回っています。あんなに小さかったっけ? 1時間ほど待っていたら、来ました来ました。トラップの効果てきめん、渋いいい蝶です。2時間ほどの滞在でしたが、3頭ほどトラップに来てくれました。いいお土産になりました。

開翅するウラジロミドリシジミ♂ 長野県白馬村 EOS90D / EF100mmF2.8LMACROISUSM

トラップにやってきたキマダラモドキ 長野県生坂村 EOS90D / EF100-400mmF4.5-5.6LⅡISUSM

下草に舞い降りたキマダラモドキ 長野県生坂村 EOS90D / EF100-400mmF4.5-5.6LⅡISUSM

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square