雲上のアルプスモンキ

高山蝶シーズンも終盤、今年どうしても撮っておきたかったもう一つがアルプスモンキです。富山に良好なポイントがあるのですが、いかんせん東京からは遠く行けてませんでしたが、今年は勢いで行っちゃいました。アルプスモンキを見るのは何年振りかというくらい、久しぶりの出会いとなりました。


この産地は比較的発生が遅いのですが、もう結構発生が進んでいて♀の最盛期という感じでした。♂は非常に敏感でなかなか近寄れなかったのですが、♀はいくつかのシーンを撮影することができました。翅を閉じていても分かる黒帯の細い顔は、アルプスモンキの特徴です。逆光で印象的なシーンを何枚か撮ることができて、1回目としては大満足の撮影行でした。帰りは中央道の渋滞もあり、8時間くらいのロングドライブになりました。さすがに日帰りは無理ですね。。

イワイチョウで休止するミヤマモンキチョウ♀ 富山県立山町 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

イワイチョウで吸蜜する♂ 富山県立山町 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

タテヤマリンドウで吸蜜する♀ 富山県立山町 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

偶然見つけた交尾ペア 富山県立山町 EOSR7/EF100㎜MACROLISUSM

高層湿原の生息地をバックに 富山県立山町 EOSR6/RF14-35㎜LISUSM

タテヤマリンドウの上で休止 富山県立山町 EOSR6/RF14-35㎜LISUSM

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square