July 7, 2019

梅雨入りしてもう一か月ほど経ちますが、梅雨時に撮った蝶の作品をアップしました。久々に精力的に撮影でき、クロミドリシジミ、ウラミスジシジミの開翅や小谷村のアサマシジミ(ミョウコウシジミ)の青い個体などを堪能できました。熊本の阿蘇では、豪雨を避けながらオオウラギンヒョウモンを堪能することもできました。蝶のハイシーズンはあと一か月ほどですが、もう少々頑張ってみようと思います。高山蝶に出会えるかな?

 開翅するウラミスジシジミ(山梨県甲斐市)

 開翅するクロミドリシジミ♂(山梨県甲斐市)

 アザミで吸蜜す...

June 2, 2019

長らくサイトのメンテできてませんでしたが、久々に新作をアップしました。蝶と富士山の作品です。しばらく撮影に行けない状況にあったのですが、ようやく少しずつ写真を撮りに行けるようになりました。これからもぼちぼち更新出来たらいいなと思います。

 ミヤマハタザオで吸蜜するクモマツマキチョウ♂(長野県大鹿村)

満開のツツジと富士山(静岡県小山町)

June 13, 2017

6/10-11の週末は、清里からの雲海富士を狙いつつ、上高地と南アルプススーパー林道でクモマツマキチョウを狙ってきました。雲海富士は狙い通り撮れたのですが、上高地は悪天候で敗退。翌日の南アルプスでは、ミヤマハタザオで開翅して吸蜜するクモマツマキチョウという、定番でありながら条件が合わないとなかなか撮れない構図を12年越しでようやく撮影することができました。ここまで長かった~(汗) でもまだまだ撮りたい構図はいろいろあります!

 梅雨の晴れ間の朝焼け富士

 ミヤマハタザオで開翅吸蜜するクモマツマキ...

June 11, 2017

もう1か月経過してしまいましたが、GWにタンザニアのンゴロンゴロ国立公園、セレンゲティ

国立公園 に野生動物を撮りに行ってきました。初めてのアフリカ大陸、しかも動物撮りということでドキドキでしたが、野生動物たちとの出会いは素晴らしく、感動的な撮影行となりました! Overseasにアップしましたので、是非野生の動物たちの生き生きとした姿をお楽しみ下さい。

April 10, 2017

2週連続で土日両方とも悪天候で、ギフチョウを見に行けずに暗い思いで過ごした方も多いのではないでしょうか?昨夜晩飯を食べていてふと天気予報を見ると、明日の新潟は晴れ間が期待できそう。新年度も始まったばかりというのに、年休を決意しました…。

近年は新潟県長岡市のカタクリ群落と決めています。カタクリの開花状況は満開、マメザクラも満開、食草のカンアオイも芽吹いている、そんな状況でしたが、午前中の低温が響いたのか時期が少し早いのか、個体数がめちゃくちゃ少ないです。これから増えてくるにしても、カタクリとの...

April 4, 2017

2013年に撮影した、カナダ(オーロラ)、インドネシア(ボロブドゥール遺跡・バリ島他)、ペルー、インド、イスラエルの作品をアップしました。どうぞお楽しみ下さい。

March 24, 2017

遅くなってしまいましたが、知床の後に行った鶴居村のタンチョウ撮影の作品を「Animals」アップしました。優雅なタンチョウの姿をご堪能下さい。

ほとんどが有名な鶴居村の伊藤サンクチュアリとその周辺で撮影しています。タンチョウたちは昼間は餌が撒かれるサンクチュアリに集まってきますが、夜は必ず水辺のねぐらでこれまた集まって過ごします。サンクチュアリで集まってワイワイしている写真は簡単に撮れますが、優雅なタンチョウの舞を撮影しようとすると試行錯誤が必要です。

特に夕焼けをバックにねぐらに帰っていくタン...

March 19, 2017

2014~2015年の海外作品をアップしました。「Overseas」のリストからご覧下さい。中でもフィリピン北部のコルディリーリャの棚田郡(世界遺産)はそのアプローチの大変さから、パラオのロックアイランドと南ラグーン(世界遺産)はセスナから身を乗り出して、体を張って撮影しました。是非ご堪能下さい。

コルディリーリャの棚田郡、その圧倒的な景観から「天国へ上る階段とも」言われています。

特にこのバナウェライステラスは、首都マニラから一晩の夜行バス(飛行機アプローチも一応はある)、現地バイクタクシーで...

March 13, 2017

私がクリエイター登録しているストックフォトサイト「PIXTA」にリンクしました。商業目的で私の作品を使われたい方は、「Buy Photo」からPIXTAに飛んでいただき、クリエイターで

杉浦宗規を検索してください。まだ十分な作品数がアップできていないため、もしご希望の作品があれば優先的にアップロードするか、直接販売もご相談「プロフィール」に記載のメールアドレス(alps571128@…)までご連絡下さい。

March 12, 2017

 流氷とオオワシまたはオジロワシ、この北の大地を代表する光景を見てみたいと思ったのは、研究室でイヌワシの研究をしていた先輩の調査を手伝った時以来、もう10年になります。

動きモノ撮影用に100-400㎜を購入したので、満を持して北海道羅臼町の撮影船に乗ってきました。が、まさかの流氷がない?! 数日間強風が続いたために、流氷が国後島沖に流されてしまったというのです・・・。そういうオチがあり得るということを全く知らなかったので、絶望的な気分に・・・。

 しかし、船長が餌のスケトウダラを撒き始めると、...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2017 Munenori Sugiura All Rights Reserved.