top of page

北の国からVol.5(5/5)

5/3夜にアポイから下道を4時間半走破し、旭川に無事帰還しました。下道といってももはや高速道路のようなものですが。久々に家族のもとに戻り、家族ってやっぱりいいなーって思いました(笑) だって本州と違い、同業者とほぼ会わないんですもん。山の中でただ一人黙々と蝶と対峙する、修行僧のような1週間でした。自由にさせてくれた家族に感謝です。戻ると娘は自転車を買ってもらい、数日で少し成長しておりました。


さて、昨日は休養と家族サービスを兼ねて、富良野に風景を撮りに行っておりました。その作品は後日アップするとして、撮影最終日の本日は当初の目的だったエゾヒメギフを撮りに行ってきました。旭川周辺は既に終わったということで、できるだけ北上して名寄市へ。たくさん飛んではいたのですが名寄市でももう鮮度は厳しく、絵になる個体はごく僅かでした。まぁ例年であれば旭川近郊で十分撮れるので、焦らず来年以降の宿題としておきます。初めてエゾヒメギフを観ましたが、確かに尾状突起がめちゃめちゃ短く、そして小さい! エゾノリュウキンカやエゾエンゴサクが咲き乱れる広角の構図でぜひ撮りたいものです。

エゾノリュウキンカで吸蜜するエゾヒメギフチョウ♂ 北海道名寄市 EOSR7/RF100㎜MACROISUSM

オクエゾサイシンに産卵する♀ 北海道名寄市 EOSR7/RF100㎜MACROISUSM

ความคิดเห็น


最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page